パワー(電動)スライドドアのメリットとデメリットを子育て目線で考えてみた!

スポンサーリンク

ファミリーカーに人気のスライドドア。

以前、スライドドアについてのメリットデメリットについて記事に書きました。

子育て世代にとってスライドドアのラクさはとてもありがたいですよね。

最近は電動で開閉できるパワースライドドアがほとんどのスライドドア車で採用されています。

ということで、今回はパワースライドドアのメリット・デメリットについて書いて行きたいと思います。

ちなみに、スライドドアについてのメリットデメリットの記事はこちら。

子育て世代のパパ&ママはこちらも参考にしてくださいね☆

パワースライドドアとは?

パワースライドドアとは電動で開閉するスライドドアのこと。

しかもパワースライドドアの開閉の方法は様々。

ドアの開け方パターンは各車種で異なり、パターンによりオプション対応の場合もあります。

現在販売されている車で採用されているパワースライドドアの開け方の方法をまとめてみました。

パワースライドドアの開け方パターン

ドアハンドルを軽く引く

この機能はパワースライドドアならほぼすべての車に採用されています。

手前に軽く引くだけであとは電動で最後まで開閉できます。

ボタンワンタッチ

ドアノブのボタンを押すだけでドアが開閉します!指一本でスライドドアが開きます。

リモコンのボタンを押す

リモコンキーのボタンを押すとドアが開閉します!車まで行かなくても、リモコンの届く範囲でスライドドアが開閉できるのはありがたいですね。

しかも最新の車種だと、『ウェルカムパワースライドドア』といってあらかじめドアの開閉を予約することも機能もあります

MOSOママ
MOSOママ

荷物が多い、雨の日なんかはめっちゃ便利そう!

運転席の開閉ボタンを押す

運転席横の操作ボタンでパワースライドドアを開閉します。

道路脇での乗り降りの際なんかは便利ですね!

足をかざす

両手が埋まって手が使えない時に重宝するのが、ハンズフリーのパワースライドドア。

足を車体下にかざすだけでドアが電動で開閉します。

パワースライドドアのメリット

スライドドアを少ない力で開閉できる。

スライドドアはドア自体が大きいためどうしても重くなりがち。

パワースライドドアなら少ない力でドアを開閉できます。

子育てパパ&ママにとっての一番のメリットはこれですね。

ドアノブを軽く引くだけ、リモコン機能やワンタッチボタンを押すだけで開閉ができるので力の弱い女性や、お子さんでもドアの開閉がラクに出来ます。

MOSOママ
MOSOママ

私的には子供を抱っこしててもスライドドアをラクに開けれるのがかなり嬉しいポイント!特に寝ちゃってる時!

買い物が多くて手が塞がっている時も、パワースライドドアならラクに開閉できますね☆

ドアの挟み込みによるけがの危険性が少ない

手動のスライドドアだと、勢いをつけないとドアが閉まらないですが、パワースライドドアなら勢いをつけずにゆっくり閉まっていきます。

そのため勢いよくドアを閉める時に比べてけがの危険性が少なくなります。

また最近のパワースライドドアは挟み込み防止機能がついているものも多く、ドアが閉じる際に何か挟まっていたりする場合、ドアが開く仕組みになっています。

子育て世代にはありがたい機能ですね。

MOSOママ
MOSOママ

しかし、小さい子供の指だと感知しない場合もあるかもしれないので、挟み込み機能に頼り過ぎず、パパ&ママがしっかり声かけしたり確認してあげてくださいね。

半ドアにならない

子供や力の弱い女性だと重たいスライドドアを閉める際に半ドアになりやすいです。

パワースライドドアなら自動で最後までしっかり閉まってくれるので半ドアの心配がありません。

坂道でも勢いよく開かない&勝手に閉まらない

急な坂道で乗り降りする場合、スライドドアを開けた時、引力のせいで思った以上に勢いよく開いてしまったりすることがあります。

で中の荷物が落ちてしまったり。

逆に坂道でドアを開けたいのに引力でドアが閉まってきてしまうことも・・・。

そんなときもパワースライドドアなら一定のスピードで自動で開閉されるので、安心です。

パワースライドドアのデメリット

子供が簡単にスライドドアを開けれてしまう

ドアハンドルを軽く引けばドアが開いてしますので、子供でも簡単に開けれるということになります。

しかも、スライドドアはドアが開いた瞬間外の景色が見えてしまうので子供の飛び出しを誘発しやすいので注意が必要です。(ヒンジドアだとドアで前方が見えない)

飛び出しやすい年齢のお子さんをお持ちのご家庭では、ドアのチャイルドロックを常にかける、子供にしっかり言い聞かせる等対策が必要です。

早く開け閉めできない!

パワースライドドアは手動のスライドドアと比べて開閉のスピードがゆっくりです。

特にヒンジドアに慣れている方はドアが中々閉まらないので初めは、イライラするかもしれません( ;∀;)

MOSOママ<br>
MOSOママ

雨や雪の日や寒い冬はなるべく早くドアを閉めたいんですよね。その点はデメリットですね。

割高になる

パワースライドドアの場合、装備や配電などの手間がかかり、手動スライドドアに比べて価格は高くなります。

また、当然、片側のみのパワースライドドアよりも両側パワースライドドアの方が高くなります

燃費が悪くなる

装備やパーツも多くなる分重くなるため、手動スライドドアに比べて燃費が悪くなる可能性があります。

故障した時修理代が高い

パワースライドドアは、手動のスライドドアと比べ装備やパーツも多くな構造も複雑ため、故障した際の修理代も高くなります。

しかもヒンジドアに比べスライドドアは、故障しやすいです。

レールに石が詰まってレールが曲がってしまうなんてこともあります。

スライドドアの車に乗っている子育てパパ&ママのレビュー

スライドドア手動ですが、それ故に壊れないし、子供が間違って開けちゃうこともないので安心ですw
また、すぐに閉めたいときとかも手動のほうが早くて便利なんですよね…

まとめ

上記にパワースライドドアのメリットデメリットを書きましたが、子育て世代にはやはりデメリットに比べメリットの恩恵の方が多そうですね。

MOSOママ
MOSOママ

子供の飛び出しについては、しっかりと対策をすることをおすすめします。

また、パワースライドドアにしておけば、電動と手動を切り替えることもできますので、費用面で大丈夫であればやはりパワースライドドアがおススメです。

車の購入は大きな買い物なので、検討している車があればしっかりと下調べすることをおすすめします!

子育てパパ&ママが車を高く売るには、『カーセンサーNet』の無料一括査定がおすすめです!

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

まだまだ子育てにお金もかかる・・、なるべく高く車を買い取って欲しい!!(一般にディーラー下取りは安い&複数の買取業者で競わせると買取価格があがる)

子供を連れて買取業者を何件も回らなくていい!(子供連れてくとほんと大変なんですよね・・)

『カーセンサーnet』はメール連絡が選択でき、他社の一括査定よりしつこい電話が少なめ!(0ではないので注意)

コメント

タイトルとURLをコピーしました